主催事務局
奈良県立医科大学 脳神経外科
〒634-8522 奈良県橿原市四条町840
Tel:0744-29-8866
Fax:0744-29-0818
E-mail: jess2017@naramed-u.ac.jp
運営事務局
株式会社コングレ内
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-6-13
Tel:06-6229-2555
Fax:06-6229-2556
E-mail: essj2017@congre.co.jp
第56回日本定位・機能神経外科学会

ご挨拶

中瀬 裕之会長

第40回日本てんかん外科学会
会長 中瀬 裕之
(奈良県立医科大学脳神経外科)

 この度私どもは第40回日本てんかん外科学会を平成29年1月26日、27日に大阪で開催させていただくことになりました。伝統ある本会の第40回という節目の会をお世話させていただけることを大変光栄に存じております。
 てんかんに対する外科治療は、近年の診断技術の進歩や手術手技の改良によって優れた成績が得られるようになり、今ではてんかん医療の重要な一翼を担うようになりました。てんかんの外科治療の目標は、発作をなくすだけでなく生活の質(QOL)の向上です。そのためには、診療科の枠を越えた協力体制で治療に取り組み、手術後も包括医療のもと多職種の専門家がチームとなって患者の生活の質の改善を目指して支援を続ける必要があります。そのようなことを考えて、今回のテーマを「社会が求めるてんかん外科 - てんかん外科の40年とこれから」とさせていただきました。特別企画としててんかん外科治療を取り巻く社会的問題(経済、医療安全など)を議論していただく予定です。また「てんかん外科診療のネットワーク」「焦点診断の進歩」「合併症を避ける安全な手術手技」「てんかん外科治療の進歩」「てんかん外科の機能予後」と題したシンポジウムを企画しております。我が国のてんかん外科の40年の歴史を振り返りながら、これからのてんかん外科治療の展望について議論していただける会になるよう運営に尽力する所存です。
 なお、本会に引き続き、齋藤洋一会長(大阪大学)のもと第56回日本定位・機能神経外科学会が開催されます。例年通り、合同教育セミナーと全員懇親会も企画しております。
 何卒皆様のご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。  
謹白
平成28年6月吉日